スタジオ会則

第1条(定義)

本会則はホットヨガスタジオ リバティ(以下本スタジオという)に入会しようとする方に適用します。

第2条(運営・管理)

本スタジオは株式会社リバティヒル(以下「会社」という)が運営・管理を行います。

第3条(目的)

本スタジオはヨガを通し、健康・美容の維持、増進を図ることを目的とします。

第4条(会員)

  • 本スタジオは会員制とします。
  • 本スタジオに入会される方は本会則と本スタジオの決めた事項に従っていただきます。
  • 本スタジオはスケジュールの変更・廃止する場合もあります。

第5条(会員証)

  • 本スタジオは会員に対して、会員証を発行します。
  • 会員証は本人のみが使用でき、本人以外は使用できません。
  • 会員証を紛失した場合、再発行手続き料500円が発生します。

第6条(入会資格)

本スタジオの入会資格は、以下の項目全てを満たした方に限ります。

  • 本スタジオ会則及び本スタジオが決めた事項に従う方
  • 18歳以上で健康であり、医師などから本スタジオが提供するヨガを禁じられていない方
  • 心臓病、高血圧症、伝染病、精神病及びこれに類する疾患のない方
  • 感染症、感染性の皮膚病のない方
  • 妊娠及び妊娠の可能性のない方
  • 刺青・ファッションタトゥーのない方
  • 他の会員制団体より除名処分を受けたことがない方

第7条(会員手続)

  • 会員の資格は入会希望者が本スタジオ所定の申し込み手続きを行い、本スタジオの承認を得た上で所定の費用を払い込み、本スタジオが確認した時に発生します。
  • 諸会費は所定の期日までに納入していただきます。

第8条(月会費)

  • 会員は本スタジオが定める月会費を口座振替の方法によって毎月27日に支払うものとします。
  • 会員はレッスンの消化数に関わらず諸会費を支払わなくてはなりません。
  • 一旦納入した諸会費は会則、会社が認めるやむを得ない場合を除き、返金いたしません。

第9条(キャンセル)

予約したレッスンのキャンセルは前日までとします。
予約システムを開き、ご本人でキャンセルをお願い致します。 1日~末日までに無断キャンセル2回以上不受講があった場合、翌月の予約回数を1回に制限させていただくことがあります。

第10条(損害賠償)

会員が本スタジオの利用時に生じた盗難・傷害その他の事故については、 本スタジオの責任に帰すべき事由による場合を除き、本スタジオ・会社は 一切損害賠償の責を負いません。

第11条(会員資格の喪失・除名)

会員は、以下のいずれかに該当した場合、会員資格を喪失または除名とします。

  • 第13条の退会手続きが完了したとき
  • 本スタジオを除名されたとき
  • 第6条の会員資格を欠いたとき
  • 危険の行為、また他の会員に迷惑行為があった場合
  • 未納金を滞納し、催告に応じない場合

第12条(休会)

  • 会員が自己都合により、休会する場合は規定の休会届を提出し、休会手続きを行ないます。
  • Web、メール、電話での休会の申し出は認められません。
  • 休会中は事務手数料(1,080 円税込)が毎月かかります。
  • 休会を希望する1ヶ月前の月末に規定の休会届を提出ください。
  • 休会期間が終了すると、自動で会費の引落しが開始されます。
  • 休会期間は、最大で3ヶ月間とし、期間終了後自動的に元の会員へ復帰するものとします。
  • 休会期間を延長する場合は、1ヶ月前に規定の休会届けを再提出していただきます。
  • 休会からの退会はできません。退会する場合は休会期間終了後規定に従い退会届を提出して頂きます。
  • 縛り期間中は、休会はできません。負傷で休会する場合、休会は認めますが、休会期間分、縛り期間が延長されます。
    (医師の診断書を必ず提出・掲示)

第13条(退会)

  • 会員が自己都合で退会する場合、退会を希望する2ヶ月前の月末に規定の退会届を提出し、退会完了となります。
  • Web、メール、電話での退会の申し出は認められません。
  • 妊娠で退会の場合、届出がなされた月の翌月末を退会日とします。
    (母子手帳を掲示)
  • 病で退会の場合、届出がなされた月の翌月末を退会目とします。
    (医師の診断書を必ず提出・掲示)
  • 休会からの退会はできません。

第14条(違約金の発生)

本スタジオが定める最低在籍期間終了前に退会する場合、第13条3、4または会社が認めるやむを得ない状態を除き、違約金が発生いたします。

第15条(個人情報保護)

会社及び本スタジオの会員の個人情報は個人情報方針を定め、管理します。

第16条(営業時間・休館日)

営業時間・休館日は本スタジオが定めます。

第17条(スタジオの閉鎖・休業)

本スタジオは以下の場合、全部、一部の閉鎖・休業することができます。

  • 気象災害、その他の災害で会員にその災害が及ぶと判断したとき
  • 安全が維持できないと判断したとき
  • 経営上必要があると判断したとき

第18条(諸会費等の変更)

本スタジオは、会則に基づいて会員が負担すべき会費を社会情勢の変動に 基づき、変更することができます。

第19条(会則の改定)

会社、本スタジオは必要に応じて本会則及び規定を改定することができます。